2009年10月28日

新型インフルエンザ心配

先日、実家に遊びに行った時のこと。いつも通り食事を終え、デザートを楽しみながら歓談していた際に、一緒にいた男の子(我が子のいとこにあたる子)が数日前まで新型インフルエンザだったことが判明。既に治っていて、医者にも外出は問題ないと言われているとのことでしたが、それを知ってからの我々の心配たるや。

新型は、発熱などの症状がなくなっても、しばらく感染力が続く可能性もあるとのこと。やはり症状が治まっても、発症から7日間くらいは外出しないよう勧める向きが多いようです。ん〜心配。

そんな心配はどこ吹く風、本人は相変わらず怪獣のように暴れまわっておりますが、赤ちゃんは免疫もほとんどないし、死亡者も出ている新型ですから、潜伏期間と言われる日数(最長で7日間程度)が過ぎるまでは安心出来ませんね。・・・とほほ。
posted by firstbaby at 12:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月23日

ついに立っち

ただの匍匐前進(「ずりはい」と言うんですね)から、最近は少しずつ膝を使うようになり、いよいよ本物のハイハイに進化するのかなと思っていた矢先。

先日の朝、奥さんの「見て!見て!」という声に促され、ベビーベッドでいつものように寝っころがって遊んでいるはずの我が子を見てみると、なんとベッドの柵につかまりながら立っているではありませんか。これまでも、支えてあげるとグラグラしながらも立っていることは出来ましたが、ついに自発的に、いわゆる「立っち」をしてしまいました。

一回寝かせて、再度の挑戦を促してみると、ずりはいから、頑張って膝で体を支え、柵に手をかけ、あとは腕の力で少しずつ体を起こしていく。15秒程度で立っちの完成です。ぱちぱち。

初めて見た時は夫婦共々感動しましたが、ママはそれからが大変。何せ、今までは床にごろ寝させておけばある程度は安心だったところ、今やソファーでも何でも手を掛けて、立つようになってしまったのです。もちろん支えがないと不安定な訳で、ほっておけばそのうち、バランスを崩して倒れてしまいます。見ていないと危なくて仕方がありません。

まだ7ヵ月半ということで、調べてみると一般的な時期より若干早いようですが、6ヶ月くらいでやっちゃう赤ちゃんもいるみたいです。何にせよ、これからますます大変になる訳で、先日も話題にあげた「檻」、やっぱり必要じゃないかなぁ(奥さんは相変わらず要らないと言っていますが)。
posted by firstbaby at 13:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

コボちゃんを見て考える

読売新聞に連載されている4コマ漫画「コボちゃん」で、コボちゃんのママが二人目が出来たと発言したことで話題を呼んでいます。作者の植田まさしさん自ら、今後は妊娠関連のエピソードが増えるだろうとおっしゃっており、新米パパの私としても大変楽しみな展開になりそうです。

ところで、ママが二人目が出来たことをパパに告白する場面では、酔っ払ったパパが飲んできたことを咎められるのではと警戒する描写があります。さらに、ママの発言を聞いて、おじいちゃん・おばあちゃん、そしてコボちゃんまでもが集まってきます。

これを見て、やっぱり最初の告白は、シラフのパパに対して、二人だけでする方がいいんじゃないかなぁとか、そこまで固いことを考えてしまう私は、少しはパパらしくなってるんでしょうか・・・。
posted by firstbaby at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月14日

アトピー?

先日、7ヶ月健診を受け、特に問題もなく無事終了したのですが、お医者さんから一言「もしかしたらアトピーかもしれない」というようなことを言われ、少々心配しております。

確かに、ちょっと顔を床につけて眠っただけで、すぐほっぺが赤くなったりするんですが。アトピー(アトピー性皮膚炎)はもともとギリシャ語の「尋常じゃない」という言葉が語源だそうで、「尋常じゃない」と聞けば、親としては心配せずにはいられません。杞憂に過ぎないことを祈りますが・・・。

あと何が心配って、我が子のアトピーの恐れと同じくらい、奥さんの掃除熱がよりいっそう高まるのではないかということが心配。最近は忙しすぎて見るからにストレスフルで、もう少し息抜きをしたら・・・と思っていた矢先なので・・・。

とはいえ、アトピーには小まめな換気や掃除が効果的と、どこにもそう書いてあります。そんなこともあって、一生懸命な奥さんを見ていると、何も言えないところではあります。だったら私が手伝ってがんがん掃除すればいいのですが、私自身、体を壊してしまったこともあって今のところなかなか力になれずにいます。情けない。
posted by firstbaby at 17:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月09日

檻、検討中

檻じゃなくて、ベビールームっていうんですね?赤ちゃんを閉じ込めて、いや、中で遊ばせておくための、安全な素材で出来た囲いみたいなやつ。ハイハイというか匍匐前進で動き回る我が子に苦労している旨は何度かお話した通りですが、危ないところに行かないよう、毎日苦労して椅子やらクッションやらを駆使した壁を作っている奥さんを見かねて、ネットで検索したベビールームを提案。随分安くなっているみたいだし・・・。

ところが、さすがですね。そんなものはとっくに奥さんも調査していて、ただあまり長い期間必要ではないし、意外と嵩張るものなので購入は見合わせていたとのこと。でもそんなに高いものじゃないから・・・という私に対し、レンタルもあるよ、ということでサッと出てきたパンフレット。・・・御見それいたしました。もう奥さんの言う通りにいたしまする。ただ、お座りが出来るようになったら、その中で座らせて大人しく遊ばせておけば、かなり長い時間目を離しても大丈夫じゃないかなぁ〜などという淡い期待は拭えず。引き続き検討してまいります。
posted by firstbaby at 15:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月04日

7ヶ月

生後7ヶ月が経過しました。羊水と一緒に、どばっと流れ出てきた、感動のあの日から7ヶ月。本当に時が経つのはあっという間です。

現在の状況はこんな感じです。

・身長約70cm、体重7kgちょっと
・夜はよく眠る(たまに夜泣きもあるけど)
・離乳食はよく食べる(にんじん・かぼちゃ・・・何でもOK)
・ミルクもよく飲む(一回120ml〜180ml)
・何にでも興味を示す(触ろうとする、口に入れようとする)
・機嫌のいい時はよく笑う
・ハイハイはもう少し(匍匐前進)
・たまに「ママ」とか「パパ」らしきことを言って喜ばせてくれる
 (本人はただ「んまんま」言ってるだけ)
・お散歩は好きだけどスーパーに入ると泣き出す
 (生鮮食品売り場の威勢のいい声が怖いらしい)

まだまだ他にもありますが、すくすくと元気に、極めて順調に育ってくれていると思います。感謝。

困っていることと言えば、完全なママっ子だということ。ママが見えなくなると泣き出し、しばらくすると泣き止んで一人で遊びだすのですが、またママの姿がちらっと見えてしまったりすると大泣き。「なんで近くにいるのに私をかまってくれないんだ」ってところでしょうか。遅かれ早かれ誰しもこういう時期があるようだし、今は思いっきり甘えさせることが大事だそうなので、苦笑しつつなだめる日々です。ママは大変ですね・・・。
posted by firstbaby at 00:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月01日

怪獣は朝が早い

たまに夜泣きらしきものはあるにせよ、相変わらずほぼ、22時〜翌朝5時くらいまで通して眠ってくれています。毎日5時に起きて対応する奥さんには本当に頭が下がりますが、とはいえやっぱり早朝なので、とりあえず自分らのベッドに連れ込み、いわゆる「添い乳」をしつつ、引き続き眠らせようとする訳です。

しかしそれも7時くらいが限界。それ以降は奥さんがいくら頑張っても眠らなくなり、我々のベッドの上で転がったり這い回ったり、ところ狭しと動き回る毎日です。私の顔をつかんだり、腕を吸ったり、気分良さそうに大声で何やら叫んだり、まくらをよだれべっちょりにしてくれたり・・・。

ベッドから落ちるのだけは怖いので、こちらも無視しておちおち眠っていられないのです。ご機嫌な声を出しながら、満面の笑みで、平然と人の体を乗り越えていくその様はまさに、小さな「怪獣」と呼ぶにふさわしい。
posted by firstbaby at 13:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする