2010年05月31日

きーきー

自己主張が強くなってきたのは以前にもお話した通りなのですが、ここのところそれが顕著に・・・というか過激になってまいりました。もう、少しでも気に食わないと、どっから声出してんだってくらい高い声できーきー叫ぶし、なだめるために抱っこしようとしても背筋(はいきん)強いねーって皮肉りたくなるくらいえびぞりして暴れるし・・・。以前からあったけど、もう最近はえびぞりの角度と共に、激しさを増すばかりです。そういえば、うちの子ほんとに背筋強くなるかもですね。あまりにえびぞりするから仕方なく床に置いても、しばらくえびぞってますから。泣き喚いて右に左に回転しながら。

子どもが乗れるような動物のオブジェがいくつもある公園に行ったのですが、乗りたい動物の上に他の子がいると、きーきー言って追い払うというwww。みんな大人しく楽しく遊んでるのに、お前だけだぞそんなことしてんの(泣)。何やら叫びながら偉そうにうろうろするし、他の子のベビーカーについてるおもちゃまで取ろうとするし・・・。一番ちびだったのに一番態度が大きかったですよ・・・。
(T T)
posted by firstbaby at 00:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月26日

おたふく風邪と水痘のワクチン

先日、奥さんがおたふく風邪と水痘のワクチンを受けに連れていってくれたのですが、ここのところいろいろと知恵がついてきたせいか、これまではほとんど泣かずに大人しく注射されていたところ、泣いて騒いで・・・と、少々手こずったようです。推測するに、先生や奥さんの雰囲気で注射を打たれることを察し、さらに過去の経験から注射が痛いことを思い出し・・・といったところだと思いますが、前向きに考えれば、こんなところにも成長を感じることが出来ますね。

なんせ両腕に注射ということで、特に2本目などはキーキーと高い声でかなり泣き喚いてしまったようですが、それでも奥さん曰く、他の子に比べたらまだぜんぜんマシだとのこと。それを聞いて私もよしよしと我が子の頭をなでてしまうあたり、例によって親ばか全開ですが、中には泣き叫ぶのみならず、暴れだす子もいるようですね。親御さんの胸中お察しします。
posted by firstbaby at 18:41 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月20日

しゃべるしゃべる

ここのところ頓によくしゃべるようになり、機嫌がいい時は常にもにゃもにゃ言っている状態なのですが、よく聞けばその中に(たぶん)意味のある単語が(おそらく)混じっている(ように聴こえる)ことに気付きました。以前にも触れた通り食べ物を見れば「いただきます」はやるのですが、その他にも

・テレビなどで犬を見た時に「わんちゃん」
・おもちゃに興味を持てば「ちょうだい」
・危ないところに行かせないようにすると「どいて」

などなど。あとは「まま」やら「ぱぱ」やら、よくよく聞いてみればちょくちょく言っているような言っていないような。

なんにせよ、もにゃもにゃと独り言のようにしゃべったり、擬音を発したりする姿は、それはそれでとてもかわいくて、とにかく頷いてみたり褒めてみたりして我が子との会話(?)を楽しんでいるところです。
posted by firstbaby at 11:43 | Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月14日

お姉ちゃん

先日、我が子と同じ学年の女の子(友人の娘さん)が自宅に遊びに来た時のこと。

同じ学年といっても、既に向こうは2歳を迎えていました。我が子は早生まれ、つまり10ヶ月以上も離れているので、体の大きさはもちろん、髪の毛の長さから、歩き方、しゃべる言葉など、何から何まで向こうが上手(うわて)。この先、幼稚園や小学校で、十把一絡げに比較されたらかなわんなぁ・・・などと余計なことを考えつつ、観察していたのですが・・・。

二人におやつ(赤ちゃん用せんべいやらボーロやら)をあげると、うちの子、自分のを食べながら、友人の子のやつを奪っちゃうんですよね、毎回。泣かないまでも、困った顔をして訴えてくる友人の子を尻目に、満足そうに、両手にせんべいを持ってバリバリ食いまくるという・・・。その度に、叱りながら、友人の子にせんべいを返しながら、もう苦笑するしかありませんでした。

自分の子がそれでも決して怒らないのを見て、友人曰く、いつもはもっと暴れん坊で、今日は何故かすごくいい子になってる、と。つまり、うちの子と一緒にいることで、友人の子はすごくお姉ちゃんになってるんですよね。おもちゃを持ってきて一緒に遊んでくれようとしたり、本を持ってきて読んでくれようとしたり。子どもながら、自分より若い子がいると、しっかりしなきゃっていう意識が芽生えるんでしょうか。とにもかくにも、うちの子の未熟な部分、わがままな部分、その他諸々のとほほな部分が、強調されて見えた一日だったのでした。
posted by firstbaby at 19:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

オープン親ばか

今日ちょっとこんなこと考えてたんですけどね(仕事しながらw)。

自分も見事に親ばかになっているというか、子どもが出来る前に先輩ママやパパを見て「あんな風には絶対ならない」「あんなことは絶対やらない」と思っていたことを、見事になぞってしまっているというか、そんなこんなでふと冷静に自分を省みた時に少し恥ずかしくなってしまうんですが、考えてみたら、そう、例えるなら、男がみんなエッチなのと同じように、程度の差こそあれ、親ならみんな親ばかじゃないかと、それが当たり前じゃないかと、ちょっと開き直ることに成功した訳です。

で、さらに、どうせなら、むっつり親ばかより、オープン親ばかのほうがいいでしょ、という結論に至って、堂々と自己正当化の完成です。

・・・とここまで書いて、やっぱり恥ずかしくなる私。恋は盲目というけれど、子育ても盲目なり。
posted by firstbaby at 01:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月10日

初めての外食

ちょっとした露店のような、オープンテラスのようなところで食事をしたことはあるのですが、未だ我が子を連れて定食屋やファミレスなどで、正式に(?)外食をしたことがありませんでした。もちろん、我が子がどうなってしまうか分からず、他のお客さんやお店に迷惑をかけるのを恐れてのことです。先輩ママやパパには、そんなのは親の決断次第で、いくらでもどうにかなるもんだ、とは言われていたのですが、それといった機会もなく(機会も作らず)、どうにも腰が引けていた感じです。先輩の中には生後3ヶ月にならないうちにどんどん連れ出していたというつわものもいたりして・・・。

で、ようやく先日、覚悟を決めてほとんど初めての外食に連れて行ったのです。それも子ども向けのメニューや設備が整っているファミレスなどではなく、いきなり焼肉屋。それも夫婦でやっているような家庭的な小さいお店。お世辞にも広いとは言えない座敷に通され、ママの膝に座らせ、手の届く範囲からあらゆるものを退避させて準備は万端・・・のはずだったのですが、もう最初からキーキー騒ぎ出す始末。得意のえびぞりをしながら、やれどこなんだここは、やれその皿をよこせ、やれ自由に歩かせろ、やれ喉が渇いた、やれ腹減った・・・。しかたなく持参してきた我が子の食事をすぐに準備し、食べている間は割と大人しくしているのをいいことに、時間をかけてゆっくりゆっくり食べさせることに。それでも、頼んだメニューが出揃ってくると、初めて見る肉や料理に興味津々で、自分が食べるのもそっちのけ。せまいテーブルの上いっぱいにお皿が載ってくると、手の届きそうなところにあるお皿をここぞとばかりにつかもうとするので、それを制止すると、またすごい声でキーキー騒ぎ出す・・・。もうおよそ2時間ずっとこの繰り返しでしたので、何だか自分も食べた気がしませんでした。幸い、他の客はまばらで、周りに多大な迷惑をかけるというほどではなかったのですが・・・。

とはいえまぁ、想定の範囲内と言えば範囲内。親子共に、何事も経験、こういうことを繰り返して、たまには周りにご迷惑をお掛けしながらもだんだんとこなれてくるもんでしょう・・・などと考えてはいるのですが、奥さんはほとほと懲りたようで、もうしばらくは外食は勘弁とのこと。やっぱりいきなり焼肉屋はハードルが高すぎましたか。こんど空いている時間帯のファミレスにでも・・・。
(T T)
posted by firstbaby at 11:45 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月05日

1歳2ヶ月

つい先日、1歳2ヶ月になりました。ママでないとダメな局面があるのは相変わらずですが、かなり心配していた人見知りも最近は落ち着きつつあり、知らない人にも随分と愛想を振りまくようになりました。祖父や祖母、親戚、お客さんなどに限らず、電車やバスで一緒に乗り合わせた人、道ですれ違う人・・・。みんな、かわいいかわいいと優しくしてくれて、世の中まだまだ捨てたもんじゃないなぁなんて思ってしまうほど。ま、冷静に考えれば、満面の笑みで手を振ったり、かわいい声で何やら話しかけてくる赤ちゃんや子どもに対して、冷たくあしらう人間の方が少ないですけどね。とはいえ、暗い顔、つまらなそうな顔をしていた人が、我が子の働きかけ(?)によってじわ〜っと笑顔になっていくのを見た時は、子どもの力って本当にすごいなぁと素直に思いました。

音楽が好きで、何かの曲が流れてくれば、体を上下に揺らしてノリノリになります。「ちょうちょ」を聴けば両手を広げて飛び回るし、「ハッピーバースデー」を聴けば、ノリながら拍手を始める。周りの大人やテレビ、DVDなどを見て勝手に覚えたことではありますが、そんな感じで日に日に動作のレパートリーが増えて、まさに我が子の成長を毎日楽しんでいる状況です。何度も書きますが、今のままの状態でいて欲しい気持ちも大きいのですが・・・。
posted by firstbaby at 23:43 | Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月02日

あんよあれこれ

GW真っ只中ですが、我が子の咳〜発熱〜中耳炎云々がまだ完全には回復していない為、我が家は自宅でのんびり休養です。回復していないとはいえ、咳が出続けることがあるだけで、あとはすこぶる元気で、本人が寝ている時以外、目が離せない状態であるのはいつも通りです。

とはいえ一日中家の中にいるのも退屈ですし、本人にもストレスだろうということで、ゴミ捨てに行きがてら近所をひと回り散歩するんですが、あんよも随分と上手になったなぁと感じられるようになりました。ふらふらで危なっかしいのは相変わらずですが、何より真っ直ぐ歩けるようになった(!)。以前は、おいでおいでをしても、ちょっと距離があると真っ直ぐこっちに向かってこられず、右に左に大きくカーブしてしまっていましたからwww

ただ、足の上げ方(?)はやっぱり上手じゃないのか、ちょっとした段差があったり、くぼみにはまったりすると、乗り越えるのがちょっと大変です。公園のくぼみ(芝生の少し他より低くなったところ)に入った時、風がとても強いこともあってそこからなかなか出られず、一生懸命足を出そうとする(そしてひっこめる)我が子は、見ていて滑稽だったけれども、同時に健気で感動的でもありました(親ばか)。

それから、よいしょよいしょと階段を登ってしまったのにはちょっとびっくり。さすがに二本足だけでは無理で、うまく手を使いながらではありましたが、こうやって色んなところに登ってしまうようになって、ますます危なっかしくなっていくんですね。
posted by firstbaby at 22:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする