2013年09月25日

要領が悪すぎる?

公園でブランコに乗りたいけれど、他の子が使っているので、我慢して近くで待つ。

その間に、よそ見したり、別の事に気を取られたりして、気がつくと、ブランコは最初の子とは別の子が乗っている。

本人「???」となり、困ったような表情で私に助けを求める。

これ、1人目(お姉ちゃん)の話ですが、こんなことがしょっちゅうなんです。つまり、せっかく並んでいても、順番が回ってきたことに気がつかずに、あるいは気がついてもモタモタしてる間に、他の子にサッと抜かされてしまうんです。

この間、靴を脱いで利用する遊具を待っていた時は、長い時間待ち続けて、ようやく自分の番だ!となったあとに、靴を脱ぐのに手間取り過ぎて、やっぱり他の子に抜かされてしまいました。

あからさまなズルや割り込みであれば私も口を挟みますが、基本的にこういった遊具などは明確な待ち行列が出来ているわけではなく、言わば早いもの勝ち、要領がいいもの勝ちの世界。こういう経験をすることで何かしら感じ取ってくれればいいと思うので、出来るだけその時は口を出しません。いつでも親が助けてくれると思われてもいけませんしね。あとになってから、例えば上の例なら「あらかじめ靴を脱いでおけば順番がきたらすぐに遊べるよね」くらいの話はしますが。

・・・にしても、どうも要領が悪すぎる気がするんだよなぁ。奥さんは「私に似ておっとりなのよ」なんて呑気に言ってるけど、もう少しスマートに立ち回らないと、今の世の中、割りを食うばっかりだぞ・・・なんて教えるのは、もう少し大きくなってからで十分ですかね(笑)。

逆に2人目(妹)は、要領がいいような気がします。まだ小さいし、1人目のような経験もないので、明確な根拠はありませんが。親として、何となく(笑)。
posted by firstbaby at 01:04 | Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。